お知らせ パークレジデンス(社会福祉法人 健和会)

ホーム > お知らせ
2018年02月09日

エアーマット受贈

一般財団法人 吉田福祉基金様より2月9日、「エアーマット」を寄贈いただきました。
特養は、入居基準が要介護度3以上と厳しくなったため、重度の認知症の方の他にも、寝たきりの方や、医療依存度の高い方も多くなってきています。そのため、このエアーマットの活躍の場面も増えてくると思います。施設運営が大変厳しい時代になってきています。貴財団法人の助成事業に感謝申し上げます。

  • P2243991.JPG
  • P2243990.JPG
2017年10月18日

平成29年度社会福祉法人施設指導監査の結果報告

平成29年8月23日に実施されました監査結果が、10月17日付にて到着しましたので、ご報告いたします。

問題となるような「改善事項」につきましては、まったくなしという良い結果でした。

「指導事項」につきましては、
①扶養手当の支給について、拳証資料を整備するとともにだれがいつ確認し決定したかを記録してください。
②衛生管理者を選任し、職員の健康管理に努めてください。
③権利擁護に関する研修を実施してください。
の3点でした。早急に改善を図り、さらによりよい施設運営をしていきたいと思います。

2017年08月24日

社会福祉法人・施設指導監査を受けました。

平成29年8月23日に、定例となる三重県健康福祉部よりの社会福祉法人・施設指導監査を受けました。

内容につきましては法人運営・会計・特養施設運営管理・預り金の各項目についてです。

当日は、4名の監査担当者にお越しいただき、9:45~16:00まで視ていただきました。
結果についてですが、正式な結果通知の到着をまって、後日詳細をUPしたいと思います。

2016年09月01日

ICT化推進完了

Wi-Fi環境を整え、パソコン総数34台(デスクトップパソコン17台・ノートパソコン12台・タブレット端末5台)を導入し、福祉業務支援ソフト(介護保険システム)が稼働開始。電子カルテへの移行が完了しました。
さらに、法人専用サーバーを設置することで、全事業がネットワークでつながり、
情報の迅速な伝達と共有が可能となりました。

2016年07月01日

バーデハウス東員

平成28年7月1日付にて、社会福祉法人健和会による住宅型有料老人ホーム『バーデハウス東員』の運営がスタートしました。
バーデとは、ドイツ語の、「入浴(する)」を意味するバーデン(Baden)という語からきています。
この施設は、365日、年中、天然温泉がお楽しみいただけ、芝生でのパークゴルフもプレイできる健康増進を第一に考えた、住宅型の有料老人ホームになっています。
特に、お一人暮らしでは、不安要素の大きい、万一のお怪我や、急病に対しましては、昼夜を問わずスタッフが常駐しておりますので、迅速な対応が可能となっています。
他の小規模なホーム等とは異なり、健和会が全面的にバックアップをしておりますので、介護保険の利用が必要になった時にも迅速な対応が可能となっています。
また、建物の構造は、地震に強い鉄筋コンクリート造りであり、スプリンクラー設備はもちろんのこと、万一に備え、消防署への緊急通報装置も完備しております。
施設は、イオン東員店より南へ1km、四日市市と隣接した場所にあり、お車では、四日市東インターから10分ほどの場所に立地しています。
さらに、2016年8月には、東海環状自動車道の「東員インター」がすぐそばに完成、ご家族ご友人が訪問するにも、ますます便利な場所となりました。
入居のご相談、ご見学のご希望などございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。
パークレジデンスともども、どうぞよろしくお願いします。

  • P9101011.JPG
トップページへ

Copyright (C) Kenwakai. All Rights Reserved.